スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2011年度 第13回:寄付をしてみよう
2011 / 11 / 19 ( Sat )
こんにちは。こどもマネースクール運営事務局です。
11月13日の『こどもマネースクール』の授業内容をお知らせします。

【テーマ】
本日のテーマは「寄付をしてみよう」!

寄付という行為を通じて、子ども達とお金の価値や自分たちの生活について考えてみました。

【授業の内容】
◆なんで寄付をするんだろう
寄付をするのは、物やお金を必要としている人がいるから。
世界にはその日の生活も満足に出来ない人、教育を受ける機会がない人、
家族がいない人がたくさんいるということを「もしも世界が100人の村ならば」
という話をもとに考えました。
世界の70億人という人口を100人の村に置き換えることで、子ども達も
自分達の生活が当たり前でないことを理解したようです。
<参考(PCからご覧ください)>
もしも世界が100人の村ならば
http://www.romi-nakano.jp/100people/index.html

◆100円で何ができるだろう
お菓子やジュースを買う為に普段なにげなく使っている100円で、
何が出来るかを考えてみました。
100円があれば、5人の子どもにワクチンを提供して命を救えること、
ストリートチルドレン20人に牛乳を提供出来ることを知り、
子ども達もお金の価値を再確認していました。

◆寄付の種類
子ども達に実際に寄付をしたことがあるか確認をしたところ、
多くの子どもから経験があるという話がありました。
その多くはお金や物をあげるという方法でした。
そこで寄付にはお金をあげるだけでなく、物をあげたり、物を買うといった
様々な種類があることを勉強しました。

◆どこに寄付するかを考えてみよう
寄付に使ったお金は、夏祭りの屋台の報酬を分配した際に出た端数の43円、
こどもマネースクールから借り入れた資金の利息1,077円の合計1,120円。
パソコンを使って様々な団体のホームページを見ながら寄付先を考えた結果、
子ども達が選んだのは「フェアトレード」でした。
発展途上国の方々の手によって作られたチョコレートを購入することで、
その代金の一部を寄付します。
購入するチョコレートは次回の授業でみんなで分けたいと思います。
<参考(PCからご覧ください)>
ピープル・ツリー
http://www.peopletree.co.jp/shopping/food/choco1.html


【次回のご案内】
・日時:11月27日(日)10時から12時まで
・場所:愛日小学校
・内容:夢の実現のためにすべきこと
・持ち物:筆記用具、うわばき、電卓


【宿題】
「将来なりたい職業」を考えてきてください。
スポンサーサイト

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

16 : 49 : 05 | 活動記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2011年度 第14回:夢を考えてみよう2 | ホーム | 2011年度 第12回:お金を増やす方法を知ろう2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック URL
http://kodomoney.blog118.fc2.com/tb.php/59-9229f986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。